【どっちがおすすめ?】モグニャンとキャネットを5つの項目で徹底比較!

人気のキャットフードである「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を5つの項目で比較してみました。

今回は、キャットフードを購入する際に基本となる「1.料金」「2.対象猫種」「3.原材料・栄養バランス」「4.安全性」「5.購入方法」を徹底比較しています。

それぞれの商品の良い点も悪い点も公平な視点で比較していきます。

これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較 通常料金やキャンペーン料金、配送料、1gあたりの料金などで比較してみました。
2.対象猫種で比較 どんな猫ちゃんにあげられる餌なのかで比較してみました。
3.原材料・栄養バランスで比較 原材料にどのような食材を使っているか、タンパク質や脂質、カロリーなどの栄養バランスで比較してみました。
4.安全性で比較 小麦などの穀物が入っていないかどうか(グレインフリーかどうか)、化学物質や添加物が入っていないか、製造工程で安全性に配慮されているかどうかなどで比較してみました。
5.購入方法で比較 定期購入だけなのか、買い切りもあるのか、定期購入の解約条件、定期縛りはあるのかなどで比較してみました。

上記の5つの項目で、モグニャンキャットフードとキャネットを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を料金で比較!

※税込価格 モグニャンキャットフード キャネット
通常料金 4,356円(税込) 1,296円(税込)
定期料金 定期コースまとめ買い 1個3,920円 2個以上3,702円 6個以上3,484円 定期無し
キャンペーン料金 キャンペーンなし キャンペーンなし
通常配送料 704円(税込) 送料無料(Amazon)
定期配送料 3個以上まとめ買いで送料、代引手数料無料 定期無し
キャンペーン配送料 キャンペーンなし キャンペーンなし
通常容量 1500g 2700g
定期容量 1500g 定期無し
キャンペーン容量 キャンペーンなし キャンペーンなし
通常購入_1gあたり料金 3.37円 0.48円
定期購入_1gあたり料金 定期コースまとめ買い 1個3.08円 2個2.89円 3個以上2.47円 6個以上2.32円 定期無し
キャンペーン購入_1gあたり料金 キャンペーンなし キャンペーンなし

キャネットは定期がありませんが、通常容量はモグニャンキャットフードの2倍近くあります。

しかも、通常料金はモグニャンキャットフードの1/4近くと安いことが分かりました。

キャットフードにお金をかけたくない人にはキャネットがおすすめですね。

2.「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を対象猫種で比較!

モグニャンキャットフード キャネット
対象猫種 全猫種対象 全猫種対象

どちらも全猫種対象のため、あげる猫ちゃんを気にせずに選ぶことができますね!

3.「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を原材料・栄養バランスで比較!

モグニャンキャットフード キャネット
原材料 白身魚65%、タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、サーモンオイル、フィッシュスープ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、タウリン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、乳酸菌 穀類(とうもろこし、菓子粉、コーングルテンミール、等)、肉類(ミートミール、チキンミール、ささみパウダー、チキンレバーパウダー、等)、豆類(おから、脱脂大豆、等)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、かつおエキス、しらすエキス、等)、油脂類(動物性油脂、ガンマ-リノレン酸、等)、ビール酵母、卵類(ヨード卵粉末)、野菜類(野菜パウダー、ほうれん草パウダー、にんじんパウダー、トマトパウダー)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、イノシトール)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、着色料(赤102)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
タンパク質 27%以上 27.0%以上
脂質 11%以上 9.0%以上
水分 5%以下 10.0%以下
食物繊維 5.25%以下 4.5%以下
カロリー(100gあたり) 379kcal 約350kca
動物性原料の割合 白身魚65% 記載なし

モグニャンキャットフードが白身魚中心のキャットフードに対して、キャネットは穀物類、肉・魚類混合のフードであることが分かりました。

キャネットの動物性原料の割合が記載なしなので、仕入れや時期の関係で不安定であると思われます。

安定した動物性原料のペットフードを与えたい人にはモグニャンキャットフードがおすすめです。

4.「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を安全性で比較!

モグニャンキャットフード キャネット
穀物入りorグレインフリー グレインフリー 穀物入り
化学物質、添加物 着色料、香料不使用 着色料(赤102)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
製造施設 ペット先進国イギリスの中でも特に高い評価と信頼を集めるペットフード専門工場

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした安心の施設

多治見工場は、食品安全マネジメントシステムの国際規格ISO22000の認証を受けています。
その他 キャットフードに使われる原材料は、それぞれの供給元から工場に届けられた時点で、品質テストにかけられます。 たくさんの種類のペットフードを製造

モグニャンキャットフードがグレインフリー、着色料、香料不使用なのに対し、キャネットは穀物入り、着色料や酸化防止剤も入っています。

添加物不使用の安全なチャットフードを与えたい人にはモグニャンキャットフードがおすすめです。

穀物入りでも気にしない方はキャネットでも問題ないですね

5.「モグニャンキャットフード」と「キャネット」を購入方法で比較!

モグニャンキャットフード キャネット
定期かどうか 定期コースあり 無し
解約縛り 解約縛りなし 次回お届け日7日前まで連絡必要 無し

モグニャンキャットフードには定期がありますが、キャネットにはありません。

長期的に同じキャットフードを猫ちゃんに与えたい人にはモグニャンキャットフードがおすすめといえます。

お試しや緊急時の間に合わせとして用いるのであればキャネットがおすすめでしょうね。

「モグニャンキャットフード」をおすすめの方はこんな人!

  • 安定した動物性原料のペットフードを猫ちゃんに与えたい人
  • 添加物不使用の安全なチャットフードを探している人
  • グレインフリー、着色料、香料不使用の、猫ちゃんに安心して与えられるキャットフードを購入したい人
  • 長期的に同じキャットフードを猫ちゃんに与えたい人

モグニャンの公式サイトはこちら

「キャネット」をおすすめの方はこんな人!

  • キャットフードにお金をかけたくない人
  • 穀物アレルギーがない猫ちゃんを飼っている人
  • お試しや緊急時の間に合わせで購入しようと考えている人

キャネットの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のキャットフード「モグニャンキャットフード」と「キャネット」の違いを5つの観点で比較してみました。